古い財布の処分の仕方

このブログでは、その年の「ラッキーカラーを用いたお財布」や、いわゆる「風水財布」をいくつかご紹介しています。

新年を迎える直前のこの時期から、節分をはさんで春までの期間は、お財布を新調する方が多いのではないでしょうか。

では、新しいお財布を購入したら、それまで使っていた古いお財布はどうしたらいいのか。

疑問に思ったことはありませんか? 風水的なきまりはあるのだろうか、開運につながる処分の仕方などはあるのだろうか・・・などなど

ちょっと気になったので調べてみたのですが、古いお財布の処分の仕方を掲載しているwebサイトは少なくないものの、何を根拠にそう書いているのか明記していないサイトがほとんどでした。おそらくどこかの風水ページを勝手に転載しているんでしょう;;;

そこで、今回は開運財布を販売している2軒のショップの記事をご紹介します。こういう時はプロに聞くのが一番(o^-‘)b

スポンサーリンク

ラッキーショップさんの財布の処分の仕方

風水・パワーストーン・えんぎ雑貨の通販サイトであるラッキーショップさんは、風水師・超能力者・サイキッカーの方達に協賛いただいているんだそう。ユリゲラー氏のお名前までありましたΣ(‘д‘;)すごっ

では、そんなラッキーショップさんが提唱するお財布の処分の仕方とは。

*基本的に使い終わった古い財布は、「処分する」か「保管をするか」の二択 

*お気に入りの財布や思い出のある財布など、どうしても捨てるのが忍びないという場合には、保管しておいてもOK

*処分する場合は、白い和紙で包んで捨てたり、財布を細かく切り刻んだりという方法が一般的

*捨てる際は、金と仲の良い水の気が強くなる雨の日や、水気の多い場所で処分するのが良いといわれ、捨てる時の方角については金運との相性の良い、西や北西、北東の方角に捨てることで、今後の金運アップにつながる

財布屋さんの財布の処理の仕方

次に開運財布の老舗、財布屋さんのwebサイトから、古い財布の処分の仕方をご紹介します。

*普通に処分してOK=水の近く、川辺、炊事場、雨の日に処分すると良しと言う説は裏付けがとれない。お財布は使い方が重要なのであって、大切に使い、十分に役目を果たした財布は普通にゴミ箱に捨てればよい

*もう少し丁寧に処分したい場合→思いやりを込めて財布を包む=他のゴミと接しないようにするため。放包紙や新聞紙で全体をきっちり包む

*さらに丁寧に処分したい場合→心遣いの気持ちで飾ってあげる=「今までありがとう」といったメッセージの入った用紙で包んであげてから、感謝の気持ちを込めてゴミ箱へ。

*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜

いかがです?Rio的には、財布屋さんのスタンス、好きですね〜。

この財布屋さんのサイトを一度ご覧いただくと伝わってくると思うのですが、サイト全体に、お客様に何が何でも幸せになってもらうぞオーラが溢れています(^m^)

ちなみに、上記した古いお財布を包む飾り紙も、財布屋さんのサイトから無料ダウンロードできるんですよ。→こちらのページからどうぞ古い財布の処分の仕方

開運財布、風水財布はもちろん、風水や金運に関するうんちくのページも充実しているので一度のぞいてみると楽しいかも♪

私も処分したいお財布があるので、財布屋さんの飾り紙で包んで捨てようと思います^^

♪あなたに開運と幸運の種が届きますように♪

そのひとポチッが嬉しいな(〃∇〃)σブログ村ランキング

スポンサーリンク

シェアもよろしく^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする