一番早く悲しみを乗り越える方法

あと30分ほどで2018年を迎えるカウントダウンですね。今年2017年も拙いブログにご訪問いただき、ありがとうございました。

私、Rioにとって2017年は忘れられない年になりました。

前記事にも書いたように、自身初の緊急搬送と入院。そして、半月前には、闘病中だった弟の容体が急変し、その若い生涯を閉じてしまいました。

どんな治療にも弱音を吐くことなく、いつも生きることに前向きだった弟。自分のことより周りを気遣ってばかりだった彼が、私は大好きだったし、尊敬もしていました。

この記事を読んでくださっている方の中にも、大切な存在を見送った経験のある方は少なくないと思います。

本当に辛いですよね。悲しくて、寂しくて、心にぽっかりと穴が空いたような虚無感…

でも、初七日の夜。身体中の水分が出尽くしてしまうほど泣き続けていた私の耳に、弟の声が聞こえたんです。「笑ってよ、ねーちゃん」

スポンサーリンク

一番早く悲しみを乗り越える方法

私はその声を聞いて、思いました。家族が悲しみに沈んでいることを弟は望んでいるのだろうかって。もし自分が先に逝った立場だったら、家族には、早く穏やかな日常に、明るい笑顔に戻ってほしいと望むはずだって…。

そんな時、ふとどこかで読んだ言葉が頭に浮かびました。「悲しみから一番早く抜け出す方法は、会う人会う人をとことん喜ばせること」

私は弟を早く安心させたくて、それを実行してみました。

お悔やみをくれた友には、どんな言葉でお礼をいえば一番喜んでくれるだろうって、感謝の伝え方を一生懸命吟味しました。

気遣ってくれた上司、同僚、後輩には、ひとりひとりに精一杯の笑顔を返して、普段以上に周囲の進捗を気にかけながら仕事に励みました。

買い物をしたコンビニのスタッフさんにも「ありがとう」、配達にきてくれた宅配便のお兄さんにも「寒い中ありがとうございます」、ゴミ出しで会ったご近所の人にも、お散歩中のわんこにも、出会う人全てに喜んでほしくて…笑顔と言葉を送り続けました。

それから、このブログにご訪問くださった皆さん。あなたが、どこの誰かも、男性か女性かも、どんな悩みをもち、どんな夢を追いかけているのかも私は知りません。

でも、Rioの拙い記事で少しでも心地よくなってもらえたら…知りたかったことがわかってよかったぁと思ってもらえたら…読みながらフッと笑顔になってもらえたら…そんな思いで更新し続けました。

*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜

悲しみって、自分の中へ中へとベクトルが向いていますよね。でも、いつも人を喜ばせたいって思うと、ベクトルは外へ外へ。中へ向かうヒマがありません。

悲しみがなくなったわけじゃない。でも、悲しみに浸る時間は着実に減っていき、そうやって接した方達が返してくれる笑顔は、ぽっかり空いた穴に柔らかいクッションを詰めていってくれました。

今は、ねーちゃん頑張ってるよって、弟に笑顔で話しかけられます。

どんな悲しいことがあっても、人は前に進まなくちゃならない。

どんな悲しいことがあっても、幸せを求めなくちゃ。

風水って、幸せをつかむための行動学だと思うんです。幸せを呼び込む環境を、自ら積極的に整えること。

その「幸せになるぞ!」って実践していく気持ちそのものが、幸運を引き寄せるのだと信じて、2018年もまた、皆さんにワクワクしてもらえるような記事を更新できるよう顔晴りますね。

数あるブログの中から、こんな拙いブログにご訪問くださったこと、このご縁に感謝して…

2017年、ありがとうございました!!

あなたの2018年がとびきり素敵な一年になりますように。.:*・゜・*:.。..。.:*・゜゜・*

そのひとポチッが嬉しいな(〃∇〃)σブログ村ランキング

スポンサーリンク

シェアもよろしく^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする